失業率とは、「働く意思と能力があるのに仕事に就けない状態」を測る尺度であり、労働力人口にたいする失業者数の割合で定義されているのです。具体的にいうと、完全失業率(%)=完全失業者÷労働力人口(就業者+完全失業者)×100で導き出されるのです。労働力人口の調査の方法は、全国から無作為に選んだ約4万世帯に居住する15歳以上の約10万人を対象とし、毎月末日までの一週間の就業、不就業の状況を世帯ごとに調査票を配布し、記入して貰うことで調査します。ちなみに、ここで言う「完全失業者」とは、現在仕事がなく、仕事を探していて仕事があったらすぐに仕事に就く事ができる人の事を指し、求職活動をあきらめて専門校や大学院に行ったり、家業を手伝ったり行う人は含められないのです。1949年の四月までは、求職活動をしていなくても「失業」としていたのですが、この失業の条件を明確にするために「仕事を探していた者」とし、今までの失業と区別するのでに「完全失業」と呼ぶようになったのです。企業の求人数が増えれば、就業者数が増加し、失業者数が減る為に失業率が改善され、企業の求人数が減ると、就業者数が減って、失業者数が増加するために失業率が悪化すると誤解されがちそうはいっても、絶対にそうとはいえないでしょう。求人数が減少する中でも、完全失業者が就職するように諦め、労働市場からリタイアする事でも、失業率が改善する可能性がありますー